バストアップ

バストアップに即効性のある豊胸手術!メリットやデメリット、リスクについて

投稿日:2016年6月2日 更新日:

豊胸手術 リスク

バストアップで即効性のある方法と言ったら豊胸手術ですよね。地道にバストアップじゃなくてもう一日で胸を大きくしたい!という人にはピッタリの方法です。ですがやはり手術になるので痛みが伴ったり、リスクもあります。豊胸手術と言っても種類もいくつかありますので今日は豊胸手術について書きます(*^_^*)

豊胸手術の種類とは?

豊胸手術には大きく分けて3つの方法があります。自分に合った種類を医師と相談しながら決める事が出来ます。自分の理想に一番、近い仕上がりになるようにカウンセリングは重要になります。

【脂肪注入豊胸】
【ヒアルロン酸注入豊胸】
【シリコンバッグ豊胸】

の3つですがメリット・デメリットも存在します。

 

脂肪注入豊胸とは?

脂肪注入手術とは自分自身の脂肪をドレーンという機械で吸引し、その取り出した脂肪を胸に注入する方法です。脂肪吸引と一緒で気になる脂肪を取る事が出来るので痩せるという面でも人気が高いです。また脂肪なのでバストに入れた仕上がりも自然で動きに違和感もなくバレずに豊胸が出来ます。注入した脂肪は6割程度がバストに定着して持続性もあるようですが脂肪の定着率には個人差があるそうで、年齢を重ねて脂肪が減り小さくなってしまう人もいるそうです。

 

脂肪注入豊胸のメリット

とにかく仕上がりは自然です。バストは脂肪で出来ているので脂肪を入れる事によって自然なバストを作る事が可能なのです。またメスは使わず注射器のようなもので脂肪を注入するので傷跡が小さく済む。そして脂肪を吸引したところは痩せてダイエット効果もあるので女性にとても人気な方法です。そして日帰りが可能です。

 

脂肪吸引できる部位は?

脂肪吸引は抜き取っても大丈夫な脂肪がある方にしか出来ません。なので元々、痩せている人などには向かないのです。ですが体の脂肪が気になっている方は脂肪注入豊胸の方がオススメです。脂肪吸引できる部位は・・

・背中
・腕
・腹部
・腰部
・太もも
・ふくらはぎ

が一般的に脂肪吸引できる部位だそうです。なのでダイエットをしながらのバストアップにはとても効率の良い方法かと思います。

 

脂肪注入豊胸のデメリットやリスク

ですが脂肪注入豊胸もメリットだけではありません。デメリットとしてよく耳にするのが【しこり】です。脂肪注入手術はしこりにやりやすいと言われています。最近の医療技術ではしこりが出来にくいものもあるようですが自分の脂肪を注入しても稀にしこりが出来てしまうようです。また脂肪吸引豊胸は痩せている人には向いていませんし、脂肪も取れる量に限界があるので劇的なバストアップには向かないと言えます。程よく胸を大きくしたい人には良さそうです。

 

ヒアルロン酸注入豊胸

ヒアルロン酸注入豊胸はヒアルロン酸を胸に注入する方法です。脂肪注入やシリコンバックに比べるとダウンタイムがなく、注射1本で手術時間も短いため「プチ豊胸手術」として人気があります。痛みもほとんどなく腫れもそんなにないのでデスクワーク程度であれば翌日から出来ます。

 

ヒアルロン酸注入豊胸のメリット

注射器でヒアルロン酸を注入するので痛みがほとんどありません。そして傷跡も小さいので誰かに気付かれる事もありません。ダウンタイムがなく日帰りで受けられるので仕事が忙しい人でも翌日からデスクワーク程度なら仕事をする事も可能です。またヒアルロン酸は元々、体の中にある成分なので注入しても拒否反応が出にくい事がポイントです。また脂肪注入豊胸と違い、痩せていてもバストアップする事が出来ます。

 

ヒアルロン酸注入豊胸のデメリットとリスク

ヒアルロン酸は注入してから徐々に体内に吸収されていきます。なので持続性には個人差もありますが約一年と言われています。なので急に効果がなくなるわけではなく徐々に元の大きさに戻ってしまいます。またヒアルロン酸最大のリスクは注入したヒアルロン酸がキレイに溶けずに「しこり」になってしまう事があります。一回のヒアルロン酸注入でしこりにならなくても何度も繰り返しヒアルロン酸を注入する事によって「しこり」になりやすくなってしまうと言われています。またさわり心地は少し固い仕上がりのようです。また大きさも1カップが限界の注入量なのですごく大きくバストアップしたい人にはあまり向かないのかもしれません。

 

シリコンバック豊胸

豊胸手術の中では定番中の定番ですね。やはりシリコンバックを胸に入れるので劇的なバストアップが見込めますがその分、痛みも伴います。シリコンバックは脂肪注入やヒアルロン酸注入と違い、理想の大きさや形により近い仕上がりが期待できます。また3カップ以上のバストアップも可能です。

 

シリコンバックのメリット

やはりシリコンバックのメリットは劇的なバストアップが一日で出来るという事。外人さんのようなきれいなバストは女性の憧れですよね。なのでシリコンバックを入れ、一日で理想のバストになる事はコンプレックスを解消する一つの手段です。またシリコンバックはどんどん進化しているので昔のように体内で破れてしまったり、取り出さなければいけないという事が減りました。なのでシリコンバックで一気に理想のバストへと変化させる人も増えています。またシリコンバックは体内に吸収される事もないので永久的にその胸の大きさを保つ事が出来ます。

 

シリコンバックのデメリットとリスク

劇的な変なを遂げる事が出来るシリコンバック豊胸ですがデメリットもあります。まずシリコンバックを胸に入れる際に脇の下あたりと数センチ切るのでその傷跡が残ってしまう人もいます。また切る場所や切る深さは手術を受ける人の希望により異なるので傷の場所は見えずらいところとは限らない。また皮膚を切ってしまうので術後の腫れなどダウンタイムが必要になる。またあまりにも小さい胸に大きなシリコンバックを入れてしまうと皮膚が引っ張られて触り心地が固い場合もありますし、皮膚が伸びてしまう事も考えられます。

 

 

.

ベルタプエラリア バナー

-バストアップ

Copyright© ベルタプエラリアの効果や口コミ!バストアップサプリ人気ランキング , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.